2012/5/19 土曜日

夢見る黄金地球儀

- 書籍

ブラックペアンを飛ばして夢見る黄金地球儀。
まあ面白かったです。
第三部からはちょっとトーンダウンしちゃったかなぁという感はあるけれども。

作者は今回結構遊んで書いてる印象だったかな。
前から思ってはいたけれど、海堂尊という人は結構オタク、まではいかないかもしれないけど少なくともジャンプ系の漫画とかは好きだとは思わせる。今回の発明品とかも漫画的だしね。
少なくとも読者はそれらの発明品にリアリティは感じないと思う。
ミステリー小説というよりはライトノベルでした。元々どの小説もライトではあるのだけれどこれは特にだね。
平介とジョーのコンビは悪くない感じでしたが、個人的には小夜ちゃんと瑞人の再登場が嬉しかった。
小夜ちゃんが今も由紀さんを思って歌っているというのも切なくていいですね。
小夜ちゃんはちょっと性格変わった感じもするけどあんな事件を乗り越えてきているんだから強くなったということなんだろう。
ジョーが聞いた演説は白鳥なんだろうね。そのシーンどっかで書かれるかも。すでに書かれてる?
ガラスのでんでん虫が壊れたという話はモルフェウスとかアクアマリンでもAiセンターが壊れた後に未来医学探求センターが建ったみたいなことを確か言っていたのでその辺もまたなんかで読めるんでしょう。
最期の謎がアイって言ってたけど、あれちょっと意味分からなかったんだけど好きになっちゃったってこと??
黄金地球儀は日本と北極部分だけ金だって言ってるのにくりぬいて金を盗むっていうのもちょっとおかしな話ですよね。
最期のワインいらないそうだろうなみたいな展開もちょっと分からなかったです。お返しとか言ってワインかけるのも何のお返し??
それとは関係ないけどあのラストシーンは野ブタ。をプロデュースの最終回ラストシーンの修二と彰を思い出しました。
青春アミーゴ!(笑)

追記。
そういえば、冒頭で桜宮市は名古屋弁圏にも近いって記述があったけど、その時話してたの全く名古屋弁じゃなかったのが激しく納得いかなかった。
「〜ずら」は名古屋弁じゃないぞ!(怒)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

HTML convert time: 0.504 sec. Powered by WordPress ME