2010/2/13 土曜日

ゴールデンスランバー

- 映画

なんと今年初めての映画な訳だ。さみしいのう。
期待した通り面白かった。
伊坂幸太郎原作の映画は外れないですね。中でも中村義洋監督作品は素晴らしい。
いいつつ、フィッシュストーリーは見逃してしまったので、アヒルと鴨のコインロッカーとこれと2本しか観ていないんだけど。

相変わらず、伏線がラストに向かって繋がっていくのがすごい。良く出来ているの一言。
終わり方に多少すっきり感がないといえばそうなんだけど、個人が出来る範囲で考えればこれは間違いなく勝ちと思っていいんでしょう。
戸籍もないし、その後どうなっちゃうのかは気にはなるんだけども。
マンホールからの花火は漫画的過ぎる気もするけどやっぱり伏線が利いてるし、これはこれで爽快感があったのでよしとしよう。
帰りに本屋でちょっと原作見てみたら20年後とかあったので原作読みたくなりました。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

HTML convert time: 0.535 sec. Powered by WordPress ME